タカコのモノづくり

生産技術

タカコのモノづくりの根底には創業者の言葉である「できないと言わない」精神が流れています。
その精神に基づき、モノづくりでNo.1になるために「世界にない物を造る」または「世界にない工法で造る」ことを追求し絶え間ない技術革新へチャレンジし続けています。

タカコの生産技術 3つのポイント
「工法開発」−世界にない工法を実現−

世界中の会社が出来なかったことを実現するため、世界にない、他社が開発していない技術・工法を常に追求し考案・開発しています。
また省エネ、CO2削減にも配慮し、環境に貢献できる「地球に優しい、人に優しい」工法を常に考えています。

「独自設備」−世界にない設備を追及−

世界にない工法を実現するため、世界にない設備も必要になります。
オリジナルの専用機、カスタマイズされた汎用機 ・・・ これらはモノづくりのノウハウが詰め込められた「タカコイズム」の真骨頂と言えます。
常に最先端の磨かれた生産技術力を維持・継承し、また日々絶え間なく進化していきます。

「工程設計」−顧客満足を意識した工程を構築−

図面の寸法・公差・仕様だけでなく、実際の使い勝手も分析し、図面通りプラスアルファのモノづくりをするために、最適な工程を作り上げます。
また、お客様の図面はノウハウが詰まった大切な物ですから、簡単に複写しバラまくことは出来ません。各工程に準じた自社の加工用図面を1枚1枚丁寧に作成し、各工程毎で品質確認をすると共に、お客様の図面情報の流出も防いでいます。

生産技術部員のこだわり

生産技術部 田中 暢(勤続6年)

「真似できない」−世界一になる条件−

工法開発業務に従事して3年になります。当時世界にない工法を考えろと言われ、雲をつかむような話にとまどいもありましたが、元々技術開発を希望して入社したこともあり、工法開発になくてはならない人財になるべく日々努力しています。
私が考えた工法を実現する為に世界にない設備が出来、そして世界にない工法と設備で造られた製品がお客様の元に届き、世の中のためになる。とてもやりがいのある仕事です。
これからも日進月歩する最新技術に目を向け、「出来ないことなど絶対にない」という創業者のポリシーを大切に、世界一のモノづくり会社を目指す『タカコ』の一部として頑張っていきます。

品質保証はこちら